--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.06 *Wed*

永劫『変わらぬ誓い』 19話 力の意味

力とは強さの証。
強さの証とは力。

だが、その考えを高校1年生が戦場を駆け巡った男に教える。
その間違った考えを変えるために……
話す前は紅に染まっていた世界の空も今となっては漆黒の海と化している。
浮かぶ雲ですらさえ、漆黒の闇色。
「すまんな、少し話が長すぎたようだ。」
謝るような姿勢をしたミカエルが小声で言う。
「謝るなよ、ミカエル。俺が聞かせてくれっていったんだ。」
そう言いながら久米は自宅の台所に向かう。
台所、と言ってもそこまで広い所ではない。所々にはサビも付いている。
「それで」
冷蔵庫て冷たい空気が顔を覆うのに少し拒絶をしながら
「「ニセモノ」から力くらいは借りれるか?」
中からニンジン、ピーマン、玉ねぎなど野菜炒めの材料を出す。
「お前の昔の戦友なら、力くらい借りて災厄使者を蹴散らせるだろ?」
下の戸を開け、フライパンを取り出す。
「力とは、その使い方を間違えれば弱い者を苦しめる。」
腕を組み、平らな座布団の上に座って言う。
「だが、弱い者ほど力を欲し使い方を間違える。」
「何が言いたいんだ?」
彼は、と付け加えながら
「力の使い方を間違えてしまった一人だ。」
「……。」
「正確には、力を与えた人を苦しめてしまった。」
「!?」
炒めていた途中でコンロの火を消し、ミカエルの方を振り向く。
「彼、「ニセモノ」は私の力で塵になった部分の時間を停止させている。そのため本来死ぬ運命だったのに私がその運命を変えてしまった。」
深刻な面持ちをしているミカエル。
「彼には力を欲した弟子がいた。力を欲したその弟子に望み通り、力を与えた。」
「それが」
久米の放ったその言葉を断ち切り
「が、弟子は力の使い方を間違え悪の道に走った。」
「悪?」
「今も…人を数多く殺しているかもしれん男だ。」
「殺戮者!!」
思わず拳を強く、強く握りしめる。



「それでも、力を欲するか?」
「だったら」
「?」
「俺がその腐った考えを変えてやる。弱い者が必ずしも力の使い方を間違えるなんて考えをっ!」

コンロの火を付けようと、した久米にミカエルが
「では、会うとしよう。」




炒め物と白いご飯、そして日本の食卓には当たり前にある味噌汁が並び
「「ニセモノ」の考えを変えてくれるならな。」
スポンサーサイト

COMMENT

面白いですなw
2011/04/06(水) 21:06:40 | URL | けいおんMANIA #vJugG9.2 [Edit

Comment Form


非公開コメント


TRACKBACK

TrackBack List


10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
<
>

訪問ありがとうございます。

呼福

Author:呼福
中学生の自由極まりないブログ。
↑みたいにムキムキじゃありませぬ。
真面目なブログじゃありませぬ。



ブロともはいきなり申請ありです。


ごゆるりと



こめんと集

いやいやコメくださった方、ホンマにありがとう。 まじで、感謝してます。



私の歩み

過去の事は忘れませーん 忘れたいこともあるけども…



カテゴリら

うほほーい。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



見に来てくれた人

誰でも大歓迎。



らんきんぐぅ

読んで字の如く。

[ジャンルランキング]
ライフ
10538位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1986位
アクセスランキングを見る>>



唯にアイスを!



梓にケーキを!



律に拳を!



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



お気軽にポチッ

ほんとに気軽に押してくださいね

この人とブロともになる



QRコード

QR



Copyright © 夢が集まるトコロ。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ 素材: ふるるか ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。