--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.30 *Sat*

OMEGA 第一話

機械と人が共存し始めた世界
夏休み直前のある朝の事
前林は窓側の一番後ろで外を眺めていた

「なんか凄い事でも起きねぇかな……」
普通の日常に退屈していた前林がそう思うと

校庭にあった砂が盛り上がり、山となり、人となった
小鳥の囀る声ではなく蝉たちの大合唱で耳が痛い
ここの教室は校舎の中でもわりと涼しいところなのだが蝉の数が半端ではない
木々が多くあるせいかもしれないが前林は納得がいかない

共存世界、それがこの世界
どの人種でも生けていける世界である。場所はアメリカ全土。その他の土地は放棄されている
簡単にいえば汚染されている、と言ったところか
森林伐採、地球温暖化、土壌汚染、水質汚染その他さまざまな要因のせいで汚染されてしまったのだ
だがアメリカだけは違った。なぜかまったく汚染が起こらなかった
世界中の名の高い科学者たちが調べつくしたが起こらなかった理由はわからなかった
アメリカだけが汚染から免れていたためそこで急速に人類は強くなっていった

そのため、校舎の周りにも人口の森林がわんさかと植えられている
その木々が前林は「蝉の巣」になってしまっているため、目障りでしかなかった


(自分たちのせいで汚染されたってのに……)
前林は不満そうな顔して窓の外を眺めた
(こんな退屈すぎる日常なんか俺には似合わねぇ…)
普通に生活することが嫌になってきた
第一人と関わること事態好きではない前林は学校にすら来ても楽しくないと思っている
彼は人が嫌いなのだ


(なんか凄い事でも起きねぇかな……)


風が前林の頬を撫でる
そして校舎を巻き込んだ。強風が校舎を襲う
「うっおぉ!?」
「キャーッ、何!?何なの!?」
教室内がパニックに陥る。窓ガラスさえも貫く強風に生徒は怯えていた
と、その時
落ち着いていた前林が外を見ると

校庭にあった砂が盛り上がっていく
(ぇ……なんだよ…)
校舎ほどの高さにまで盛り上がった砂は徐々に落ちてゆく
砂の革は少しずつ剥がれていくと同時に落ちていく砂のせいで砂埃が舞い上がる

少しずつ、ゆっくりと、砂埃が消えていく

風は止んだ、あれほどの強風が一瞬にして消え失せた
なぜ消えたのか、なぜあんな強風が吹いたのか、そんな事は考える暇もなく
手が迫ってきた
(…っ!!)
反射的に逃げた、人間の本能だ
「うわァぁあ!!!助けてくれ!!」
「こいつ!一体!?」
「に、逃げろぉ!皆逃げろ!!」
教室の皆も逃げ出した、だが数名手に掴まれていた
前林は逃げなかった、いや逃げれなかった
禍々しい感じを放つ手を前に動けなかった。怯えて足はともかく口さえも動かない
(俺は…また人を殺すのか?)
心で前林は思った
(俺はやっぱり人間が嫌いだ…)
頬を何かが伝う
(俺は…俺が嫌いだ……)

涙が教室の瓦礫に落ちる
(でも…助けたい…)
今彼らを助けれるのは前林ひとりだけ、残りの生徒や先生はもうとっくに逃げている
「助けてくれ!前林!お前だけが頼りなんだ!!」
(頼り……)
ドクン、と大きな心音が二つ

視界がよくなって手の正体もはっきりと見えた。それは大きな人。黒くて影のような人の姿
しかしもう一つ前林には心音が聞こえていた。それは自らの心音でも巨大な黒き人でもない
その時包まれた、前林は光に包まれた


「助けたいか、あの人間どもを」
(こ、ここは…!?)
「安心しろ、別空間だ」
前林はよく分からなかった。周りを見れば流れているのはよくわからない文字
「もう一度だけ聞く、お前はあの人間どもを助けたいか」
前林はまだ状況が掴めない。だが誰かが自分に語りかけているのはわかった
「助けてぇよ、出来るなら…やりてぇよ!!」
「それでいいんだな、なら与えよう…俺をうまく操れよ」
周りを流れていた文字がはじけ飛んだ。その途端前林の身体が謎の数字へと分解された
「何だよ!これは!」
「落ち着け、流れに身を任せろ。そうしないとお前途中で死ぬぞ」
(こいつ、何言って……)
「分解完了だ、行け」
身体が完全に数字にの帯となり流れていく。どこへ行くかもわからずに……



「さぁ、助けるんだろ。起きろよ」


その遠雷のような声で前林は目覚める

なんかクソ長いですね。いやそんな長くないか……
新作です。そうです近未来設定です。
まあこれからも見てくれたら嬉しいです、感想とか大歓迎です
スポンサーサイト

COMMENT

新連載ありがとうございますー!
さっそく読みました。

学園SFなんでしょうか?
超能力的な!?((たぶん違う
読解力なくてすみませんorz

続きを楽しみにしております!
2011/07/31(日) 15:03:59 | URL | 氷華 #- [Edit
さて、いったいどんな能力に目覚めるか。
数字は関係しているのか・・・
楽しみにまってるぜ!
2011/07/31(日) 20:39:46 | URL | verde #szTeXD76 [Edit
>氷華さん
 確かにその線はあってますが……学園SFでは無いですw
 でも、少しその要素も入れているつもりです
 暴露するとこれからロボ出てきますww
>verdeさん
 目覚めますね、よく読み取りましたな(普通わかるかw
 数字はこれから必ず関係しています
 これからキーになってくるのです
2011/08/01(月) 09:09:33 | URL | 呼福 #- [Edit

Comment Form


非公開コメント


TRACKBACK

TrackBack List


04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
<
>

訪問ありがとうございます。

呼福

Author:呼福
中学生の自由極まりないブログ。
↑みたいにムキムキじゃありませぬ。
真面目なブログじゃありませぬ。



ブロともはいきなり申請ありです。


ごゆるりと



こめんと集

いやいやコメくださった方、ホンマにありがとう。 まじで、感謝してます。



私の歩み

過去の事は忘れませーん 忘れたいこともあるけども…



カテゴリら

うほほーい。



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



見に来てくれた人

誰でも大歓迎。



らんきんぐぅ

読んで字の如く。

[ジャンルランキング]
ライフ
4474位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
791位
アクセスランキングを見る>>



唯にアイスを!



梓にケーキを!



律に拳を!



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



お気軽にポチッ

ほんとに気軽に押してくださいね

この人とブロともになる



QRコード

QR



Copyright © 夢が集まるトコロ。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ 素材: ふるるか ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。