--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.25 *Fri*

永劫『変わらぬ誓い』 11話 謎の一閃

自らの願いを成し遂げようと欲する意志


何かを守らなければならないと思う意志



双方の意志がぶつかり合う戦争

それが


  パラソーナー
“ぶつかり合う意志”


「ァア!!!」
ミカエルが大きく叫ぶ。

「来い、来いぃ!!!
 このアドリアーノ様が成敗してくれよぉぉ!!」
ミカエルの身長をはるかに超える
大男
いや
巨人、とゆう言い方が一番に似合う男。
だが体が無い。頭も無い。

腕、足、そして浮いている羽つき帽子。
その男に、たった今、ミカエルが斬りかかった。
が、しかし
「ッ!?」

巨人の腕が、ミカエルの持っていたステッキを受け止める。
「弱いぃ、弱いぃぞぉぉ!!!」
その一言の次の瞬間
「ぬぉおっ!?」
巨人の足元がすくわれる。
そして、大きな山のような巨体が地に堕ちる。

(だれがァァあ!?)
そう思いながら自分の足元を見た。
そこには異様な姿をした一人の兵士。

「俺に助けてもらうなんてな。屈辱か?」
「ふっ、屈辱の極みだな。」
ジョークを交えながらミカエルは言う。
「許さんん!!許さんぞぉぉぉおお!!」
巨人は腕だけで、ゆっくりと立ち上がる。
だが、巨人の立ち上がった四半秒。


光る流星が一閃
エヴァルトの目の前を
通りすがった。


(あの光!)
ミカエルは危機感を感じた。
その光がなんなのかはわからない。
知ることも一切無い。
が、身体が危機感を感じていた。


ゴウッッッ!!!
また一閃



その光は
気づけばミカエルの身体を貫いていた。
「ぐゥ…う…」



(ミカエル!!!)
叫ぼうにも声が出なかった。
エヴァルトは自身の心のなかで絶叫していた。




今にも燃え出しそうな赤
今にも燃え尽きそうな赤
そんな鮮やかな赤い雫が

溢れんばかりと
ミカエルの身体から


零れ落ちる。
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


非公開コメント


TRACKBACK

TrackBack List


08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
<
>

訪問ありがとうございます。

呼福

Author:呼福
中学生の自由極まりないブログ。
↑みたいにムキムキじゃありませぬ。
真面目なブログじゃありませぬ。



ブロともはいきなり申請ありです。


ごゆるりと



こめんと集

いやいやコメくださった方、ホンマにありがとう。 まじで、感謝してます。



私の歩み

過去の事は忘れませーん 忘れたいこともあるけども…



カテゴリら

うほほーい。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



見に来てくれた人

誰でも大歓迎。



らんきんぐぅ

読んで字の如く。

[ジャンルランキング]
ライフ
7126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1294位
アクセスランキングを見る>>



唯にアイスを!



梓にケーキを!



律に拳を!



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



お気軽にポチッ

ほんとに気軽に押してくださいね

この人とブロともになる



QRコード

QR



Copyright © 夢が集まるトコロ。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ 素材: ふるるか ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。